TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耳のリハビリ中

えーと、まさか自分でもココを3ヶ月放置することになるとは思いませんでしたよ (^_^;)。1月、2月といろいろたてこんでいたせいなのですが、今回はテンパりすぎて音楽を聴く気力がなくなるという事態に陥っていました。そんな訳で、CDやDVDを多少買ってはいたけれど、未だにきちんと聴けていない有様。現在ようやく復活の途中なのですが、ふだんの『主食』音楽とはちょっと違ったもので耳のリハビリ中という感じです。いえ、耳自体が悪くなったのではないので、耳と頭の間のリハビリというか…。お腹をこわした後、おかゆで様子を見ているような感覚ですかねー。


Nordic Cityさて、そんな『耳のリハビリ』のお供を少し紹介すると、ニッケルハルパ奏者関係のCDたち。ニッケルハルパはスウェーデンの伝統楽器ですが、私はこの楽器のどこか素朴で、かつ艶のある音色がかなり好きなのです。数年前、ニッケルハルパを中心にしたCDを聴いてみたいと思ってちょっと探した時に買ってみたのが、Bazar Blåのアルバムでした。ニッケルハルパ奏者のJohan Hedinと、ベースのBjörn Meyer、パーカッションのFredrikGilleによるトリオです(彼らのアルバムは日本でも出ているし、Nordic Notesさんにバイオのページもあります)。

現在までにスタジオ盤3枚とライヴを1枚リリースしている彼ら。大きな特徴は、やはりこの一風変わったバンド編成でしょう。Johanのニッケルハルパの音色もさることながら、Fredrikの多彩と言うにもあまりに多彩なパーカッションの数々が、独特の雰囲気を作り出しています。ファーストの「NordicCity」(左の画像)は1曲目や4曲目に代表されるような優しくメロディアスで、ウォームな印象を与えますが、セカンドの「Trip Folk」は、アルバム・タイトル通りにかなり飛んでいっているというか、一気に踏み出していった感じでしょうか。ベース主体の曲やパーカッション主体の曲もあり、ニッケルハルパもそうと知らずに聴いたら何の楽器だかわからないし、フォーキーな部分を残しつつも、無国籍感が一気に増しています。特に、ゆったりとしたパーカッションを効かせた10曲目は、雄大でエキゾチックで良いです。3枚目の「Nysch」は、ファーストとセカンドのちょうど中間点のような感じでしょうか。

Bazar Blå HP: http://www.bazarbla.com


Brand伝統楽器を使ったアルバムを探していながら、なんでこういう無国籍系のアルバムに走ってしまうかというと、私はいわゆるバルカン以西のトラッド・ミュージックがかなり苦手で、1枚聴き通せる自信が無いから (^_^;)。しかし、そんなヘタレではイカン!と思い(?)、ニッケルハルパなアーティストを多く抱えるDroneのサイトをウロウロしていて、気になって買ってみたのがPettersson & Fredrikssonの「Brand」。ニッケルハルパ奏者のDaniel Petterssonと、マンドーラ&リュート担当のDaniel Fredrikssonのデュオで、スウェーデン北部のVästerbotten地方(Umeåがある地域です)の音楽を演奏しています。哀愁をたたえつつもそれが過剰にならず、どこかピンと張りつめた冷たい空気を感じさせる作品で、そういったところが実に好み。また、全10曲中に2曲だけ彼らのオリジナル曲が混ざっているのですが、かれがまた全体の雰囲気に実に合っているのですよね。冷たくももの哀しい4曲目の'Fyra Timmar'など、ことに美しいです。

Pettersson & Fredriksson HP: http://www.freewebtown.com/petfred/
Myspace: http://www.myspace.com/petfred


Pettersson & Fredrikssonは他にもアルバムをリリースしているので、そっちも買わないとな~と言いつつ、そのままにしてしまっているのは、実はそこから脱線してしまったから。だって、Droneにはこんな皆さんもいるんです。

NHOの皆さん

その名もズバリNyckelharporkestern。ニッケルハルパばっかり6人!(Ola Hertzberg、VäasenのOlov Johansson、RararimのNiklas Roswall、Henrik Eriksson、Markus Svensson、そして前述のBazar BlåのJohan Hedinの皆さんです。なお、リンクは全部Myspaceなので、開けると音が出ます)。NHO収録されている16曲は、全てオリジナル曲。全曲6人で演奏している訳ではなく、デュエット曲やトリオによる曲もあって、それが絶妙なコントラストを生み、全体の雰囲気をより多様にしていると思います。例えば4人で弾いている3曲目が室内楽っぽい印象を与えるのに対し、続く4曲目は6人いるのをフルに生かした、オーケストラ的なスケールの大きさを感じさせるのです。曲によっては、「もうちょっとテンポを落としてもいいのでは?」と思うものもあるのだけど、遅くしたらそれはそれで眠くなっちゃうでしょうかねぇ~? 個人的に特に気に入っているのは、どこかアコーディオンの音色のようなベース・リフ(?)の効いた12曲目の'Emma Danzar'、そして4曲目の'Surpolska'。'Surpolska'は切り込むような高音チームと、ゆったりとボトムを支える低音チームのコントラストが、北欧の自然、澄んだ空気に高い山の深い緑、神秘的な湖やフィヨルドといったものを見せてくれるようです(とはいえ、こう書いたような風景は、実はスウェーデンではなくてノルウェーなんだけど (^_^;;))。

Nyckeharporkestern Myspace: http://www.myspace.com/nyckelharporkestern


スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 19:08:57|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Strawberry Fields

2008年はいろいろ書きたい事があったにも関わらず、なかなか書く余力がなく、このブログは完璧にライヴ・レポ・ブログと化してしまいました (^_^;)。おまけに未だに書けてないレポもあるし(汗)。今年はもうちょっといろいろ書けるといいなぁ…。っていうか、書くようにしたいものです、うむ。


Strawberry Fields CDさて、欧州では今月末(アメリカでは3月)にリリースされる予定なのが、ポーランドのStrawberry Fieldsのデビュー・アルバム「Rivers Gone Dry」。このバンドはSatelliteのWojtek Szadkowski (ds)が、RobinことMarta Kniewskaという女性ヴォーカリストと始めたもので、当初はプロジェクトという話だったのだけど、どうやらバンドになった模様。他のメンバーは、Sarhan Kubeisi (g)、Jarek Michalski (b)、 Krzysiek Palczewski (key)。 …という訳で、実はSatelliteのヴォーカルを入れ替えただけだったりします (^_^;)。


もちろん音の方はSatelliteとはかなり違っていて、彼ら自身の表現によると、 Robinの声は、元The GatheringのAnneke van Giersbergenに近い感じで、音楽性は「Goldfrapp、Portisheadや、Massive Attackの系統」とのこと。 最近Myspceに区画ができ、サンプルが聴けるようになったので早速聴きに行ってみましたが、なるほど確かにThe Gathering/Annekeに近い感じ。また、このサンプルでも『いかにもWojtek』というサウンドがあちこちに聴こえるので、どんな作品になったのか興味津々です。

Strawberry Fields My Space: http://www.myspace.com/strawberryfieldspoland


こんな盛大な課外活動(?)をされると、本隊はどうなったんだー?! と心配になってきますが、Satellite本隊もいつの間にかちゃんと新譜を製作していて、こちらは「Nostalgia」というタイトルで、3月にリリースとのことです。

  1. 2009/01/10(土) 21:56:23|
  2. ぷろぐれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Ritual @ Southend-on-Sea, 7 Nov. 1008

Credoの演奏終了後、サッサとステージのセット替えをし、Ritualのメンバーが登場です。5月に観て以来なので皆そんなに変わっていないかと思ったら、Jon Gamble (key)はイイ感じに日焼けしていました。リラックスした笑顔に、なんかこっちもニコニコしてしまうよ (^_^)。

Ritual


Patrik Lundström (vo & g)が観客にカウントをとるよう指示し、オープニングはいつものように'The Hemulic Voluntary Band'です。やっぱりこの曲は楽しいなぁ~。

Ritual


'The Hemulic Voluntary Band'からほぼなだれ込み状態で、2曲目は'In the Wild'。彼らの『一般的なロック』っぽい曲の一つですが、後半からフィーチュアされるPatrikのギターは、スリリングな速弾きやアヴァンギャルドっぽい部分の両面をたっぷり見せていて、聴くといつも「この人、ギタリストとしてももっと評価されるべきだなぁ」と思います。いや、それ以上に、本人自身もっと評価されるべきだよね。プログレのミュージシャンの中には『存在感』等のカリスマ性を感じさせる人は何人もいるけれど、いわゆる『ロックスター』の華やかさやスター性を感じさせる人は、とても少ないのです。その数少ない『ロックスターのオーラ』を持っている希少な人達が、このPatrikとか、The Flower KingsのHasse Fröbergなのですよね(と、ライヴ後に一緒に行ったM氏と、しみじみと意見が合っちゃったのだ)。

Jon & Patrik


3曲目はガラッと雰囲気を変え、'Moomin Took My Head'。レパートリーにムーミンの物語をモチーフにした曲が多い彼らが、ムーミンの作者のトーベ・ヤンソン女史の死を悼んで作った、愛らしい曲です。春のツアーでは演らなかった曲なので、嬉しいなあ。最後の方のコーラスは、Patrikの指示で観客も参加。

嬉しいといえば、続いて'Infinite Justice'を演ってくれたこと。この曲は私は大好きな曲なのだけど、ライヴの『定番曲』ではないので、嬉しかったですねぇ。もっと頻繁にやってくれないかな…と思うのだけど、他の曲に比べてライヴでの『化け度』は低目なので、しょうがないかなぁ。

Jon & Patrik


'Infinite Justice'のエンディングからJohan Nordgrenがシンバルで繋いでいって、'Wingspread'へ。ダイナミックでかっこいい! さらになだれ込みで、これまた春のツアーでは演らなかった'6/8'。'Wingspread'とはリズムやグルーヴが激しく違う曲なので、若干強引な繋ぎか? (^_^;) とはいえ、Ritualがうまいというか、そこが強みだなーと思うのは、ミスがあったり、強引な繋ぎがあっても、バンドにそんな印象を振り切って突き進んでしまえる、勢いみたいなものがあることでしょう。最後は定番中の定番、'Typhoons Decide'で、メドレーが終了。'Typhoons Decide'の最後には、インプロっぽいリズム・セクションのかけ合いの上にPatrikがちょっと幻想的にヴォーカルを乗せたり、ギターを乗せるという、ちょっと違ったアレンジになっていました。また、Fredrik Lindqvistのベースが渋くて良かったなぁ。

Ritual


Patrikが観客に「今、何時?」と聞きます。どうやら会場には、使用時間制限があった模様。開演が遅くなったこともあり、Ritualはセットリストを短縮せざるをえないことになったようです (T_T)。Jonがちょっとドリーミーにキーボードを弾いたり、Patrikがメンバー紹介をしている間に、Fredrikはブズーキ、Johanはニッケルハルパに持ち替えます。Patrikの曲の説明MCに続いて始まったのは、もちろん'A Dangerous Journey'!! 私が今年どうしてももう1回Ritualのライヴを観たかったのは、この曲の為なのだ~~!

A Dangerous Journey


アコースティック楽器とエレクトリック楽器をほどよく併用し、哀愁を漂わせつつも、つい口ずさんでしまうメロディのこの曲は、彼らの魅力と新たな一面を、見事に一体化させた曲だと思うのです。かつてインタビューでThe Flower Kingsのメンバーが、「長い曲を作るのはそんなに難しくない。難しいのは、良いメロディの短い曲を作ることなんだ」と言っているのを読んだことがありますが、いろいろなバンドの『長い曲』の中には「頭で作ったでしょ?」と聞きたくなるような、考え過ぎ、作り込み過ぎで、感情移入しにくい作品も多々みられます(註:これは私見ですよ。同じ曲でも、嗜好によってはアピールするでしょう。あくまで私にとって、ということで)。でも、Ritualのこの'A Dangerous Journey'は、初めてCDで聴いた時から、曲の自然な流れや起伏で、ある意味あっという間に30分聴かせられてしまうのです。だから、ライヴで何度も体験してみたい。大好きな芝居の特定の演目を、つい繰り返して観に行ってしまう心境に近いでしょうか。

Jon@ピアニカ


この曲は何度聴いても全然飽きないどころか、ますますハマってしまう曲なのだけど、バンドの方も、微妙にアレンジを変えてくるというニクいことをしてくれる。という訳で、Jonが春のツアーでは使っていなかったピアニカ(今は鍵盤ハーモニカっていうの?)を使っていました。


'A Dangerous Journey'が終わるとともに、この日のRitualのライヴも終了です。もっと長いショウだったらよかったけど、特に聴きたい曲は網羅されていた気がするし、ショウ自体はとても楽しかったので、とりあえず満足。彼らのライヴは元々けっこう楽しかったけれど、「The Hemulic Voluntary Band」で音楽的に一段階成熟し、さらに楽しめるものになったように思います。あまりライヴ本数の多いバンドではないけれど、また近い将来観られるといいなぁ。

Jon & Patrik


Riga Music Bar, Southend-on-Sea, UK, 7 November 2008
1. The Hemulic Voluntary Band 2. In the Wild 3. Moomin Took My Head 4. Infinite Justice 5. Wingspread / 6/8 / Typhoons Decide 6. A Dangerous Journey


Ritual Official HP: http://www.ritual.se

  1. 2008/12/04(木) 21:42:34|
  2. ヲツヴァカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 | HOME |  NEXT »

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。