TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耳のリハビリ中

えーと、まさか自分でもココを3ヶ月放置することになるとは思いませんでしたよ (^_^;)。1月、2月といろいろたてこんでいたせいなのですが、今回はテンパりすぎて音楽を聴く気力がなくなるという事態に陥っていました。そんな訳で、CDやDVDを多少買ってはいたけれど、未だにきちんと聴けていない有様。現在ようやく復活の途中なのですが、ふだんの『主食』音楽とはちょっと違ったもので耳のリハビリ中という感じです。いえ、耳自体が悪くなったのではないので、耳と頭の間のリハビリというか…。お腹をこわした後、おかゆで様子を見ているような感覚ですかねー。


Nordic Cityさて、そんな『耳のリハビリ』のお供を少し紹介すると、ニッケルハルパ奏者関係のCDたち。ニッケルハルパはスウェーデンの伝統楽器ですが、私はこの楽器のどこか素朴で、かつ艶のある音色がかなり好きなのです。数年前、ニッケルハルパを中心にしたCDを聴いてみたいと思ってちょっと探した時に買ってみたのが、Bazar Blåのアルバムでした。ニッケルハルパ奏者のJohan Hedinと、ベースのBjörn Meyer、パーカッションのFredrikGilleによるトリオです(彼らのアルバムは日本でも出ているし、Nordic Notesさんにバイオのページもあります)。

現在までにスタジオ盤3枚とライヴを1枚リリースしている彼ら。大きな特徴は、やはりこの一風変わったバンド編成でしょう。Johanのニッケルハルパの音色もさることながら、Fredrikの多彩と言うにもあまりに多彩なパーカッションの数々が、独特の雰囲気を作り出しています。ファーストの「NordicCity」(左の画像)は1曲目や4曲目に代表されるような優しくメロディアスで、ウォームな印象を与えますが、セカンドの「Trip Folk」は、アルバム・タイトル通りにかなり飛んでいっているというか、一気に踏み出していった感じでしょうか。ベース主体の曲やパーカッション主体の曲もあり、ニッケルハルパもそうと知らずに聴いたら何の楽器だかわからないし、フォーキーな部分を残しつつも、無国籍感が一気に増しています。特に、ゆったりとしたパーカッションを効かせた10曲目は、雄大でエキゾチックで良いです。3枚目の「Nysch」は、ファーストとセカンドのちょうど中間点のような感じでしょうか。

Bazar Blå HP: http://www.bazarbla.com


Brand伝統楽器を使ったアルバムを探していながら、なんでこういう無国籍系のアルバムに走ってしまうかというと、私はいわゆるバルカン以西のトラッド・ミュージックがかなり苦手で、1枚聴き通せる自信が無いから (^_^;)。しかし、そんなヘタレではイカン!と思い(?)、ニッケルハルパなアーティストを多く抱えるDroneのサイトをウロウロしていて、気になって買ってみたのがPettersson & Fredrikssonの「Brand」。ニッケルハルパ奏者のDaniel Petterssonと、マンドーラ&リュート担当のDaniel Fredrikssonのデュオで、スウェーデン北部のVästerbotten地方(Umeåがある地域です)の音楽を演奏しています。哀愁をたたえつつもそれが過剰にならず、どこかピンと張りつめた冷たい空気を感じさせる作品で、そういったところが実に好み。また、全10曲中に2曲だけ彼らのオリジナル曲が混ざっているのですが、かれがまた全体の雰囲気に実に合っているのですよね。冷たくももの哀しい4曲目の'Fyra Timmar'など、ことに美しいです。

Pettersson & Fredriksson HP: http://www.freewebtown.com/petfred/
Myspace: http://www.myspace.com/petfred


Pettersson & Fredrikssonは他にもアルバムをリリースしているので、そっちも買わないとな~と言いつつ、そのままにしてしまっているのは、実はそこから脱線してしまったから。だって、Droneにはこんな皆さんもいるんです。

NHOの皆さん

その名もズバリNyckelharporkestern。ニッケルハルパばっかり6人!(Ola Hertzberg、VäasenのOlov Johansson、RararimのNiklas Roswall、Henrik Eriksson、Markus Svensson、そして前述のBazar BlåのJohan Hedinの皆さんです。なお、リンクは全部Myspaceなので、開けると音が出ます)。NHO収録されている16曲は、全てオリジナル曲。全曲6人で演奏している訳ではなく、デュエット曲やトリオによる曲もあって、それが絶妙なコントラストを生み、全体の雰囲気をより多様にしていると思います。例えば4人で弾いている3曲目が室内楽っぽい印象を与えるのに対し、続く4曲目は6人いるのをフルに生かした、オーケストラ的なスケールの大きさを感じさせるのです。曲によっては、「もうちょっとテンポを落としてもいいのでは?」と思うものもあるのだけど、遅くしたらそれはそれで眠くなっちゃうでしょうかねぇ~? 個人的に特に気に入っているのは、どこかアコーディオンの音色のようなベース・リフ(?)の効いた12曲目の'Emma Danzar'、そして4曲目の'Surpolska'。'Surpolska'は切り込むような高音チームと、ゆったりとボトムを支える低音チームのコントラストが、北欧の自然、澄んだ空気に高い山の深い緑、神秘的な湖やフィヨルドといったものを見せてくれるようです(とはいえ、こう書いたような風景は、実はスウェーデンではなくてノルウェーなんだけど (^_^;;))。

Nyckeharporkestern Myspace: http://www.myspace.com/nyckelharporkestern


スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 19:08:57|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Nils Økland

子供の頃から『暖かいところ』より『寒いところ』の方が好きでした。そしていつの頃からか、『ピンと張りつめた冷たい空気』や『静謐な雰囲気』を感じさせる音楽に、自然と引きつけられるようになってしまいました。私の持っているCDにも、作品が醸し出すそういう感覚が好きなものが何枚もあります。

Strom Nils Øklandは、ノルウェーのハルダンゲル・フィドル奏者。ハルダンゲル・フィドルというのは文字通りノルウェーのハルダンゲル地方の伝統的な楽器で、一見小ぶりで装飾がたくさん施してあるバイオリンのような姿をしていますが、通常の弦の下に共鳴する為の弦が4~5本あるという点が、バイオリンとは決定的に違います(ハルダンゲル・フィドルの写真は、hardingfele.comといったサイトでご覧下さい)。そういった構造上の特徴もあり、音だけ聴くと同じくドローン系の楽器であるスウェーデンのニッケルハルパに近い感じにも思えます。

そのNils Øklandが 2000年にリリースしたアルバムが"Strøm"("Straum"と記述されていることも多いようです)。一言で言えばクラシック、現代音楽、トラッドの要素を融合した音楽といった感じでしょうか。非常に映像的な曲が多く、音楽を聴きながら頭の中に寒空の中を飛び立っていく鳥の群れとか、氷山が壊れる様子といった情景が浮かんできます。15曲中10曲がNilsの曲で、2曲がトラッドをアレンジしたもの。そして2曲がハルモニウムやオルガンを担当しているSigbyørn Apelandの曲なのですが、それぞれ不思議な雰囲気と荘厳な雰囲気をたたえています。また、数曲で聴かれる女性ヴォーカルも澄みきった声で美しいです。

Bris2004年発表の次作の"Bris"は、"Strøm"の路線をさらに濃厚に押し進めた感のある作品です。"Strøm"ではチャーチ・オルガン等も使われていましたが、"Bris"ではそういった楽器は排され、あくまでNilsのフィドルが中心になっています。基本的な音楽性は変わらないものの、より内省的な印象を与えているかもしれません。各曲のメロディと楽器の音色だけでなく、引き算をしたような楽器の配置と楽器間の空間が、ノルウェーの山々や静かに横たわるフィヨルドといった自然の情景や、ひんやりとした空気を運んでくる、そんなアルバムになっていると思うのです。

YoutubeにNilsの音楽を使った映像があります。

Nils Økland, "Strøm" (RCD 2015, 2000)
Nils Økland, "Bris" (RCD 2042, 2004)

  1. 2008/03/19(水) 15:28:23|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中東の音楽への入口に立ってみる

欧州の北部は1年間の『太陽が出ている時期』が短いので、ちょっと天気が良いと人々は庭や公園で日光浴に励みます。真夏になってそれなりに暑くなっても(ここ何年かは、ロンドンでも30度を越したりするのですよ)、まだ足りないらしくて更に暑い国(スペインとかギリシャとか北アフリカとか)に行きたがります。一方、生来暑いのが苦手な私。夏の南ヨーロッパなんて、恐ろしくて行けません! 夏こそ、もっと寒い所に行きたいよ~!(笑) そんな訳で、未だにフランスより南に行ったことが無いのですが、トルコだけは15年ぐらい前、当時友人が住んでいたこともあり、行っているのですよね。イスタンブールに3日ほど滞在し、あとはエフェソスとかガリポリに行ったのですが、たしか6月末だったので、暑さで激しくバテはしましたが、ものすごく面白かったなー。また行きたいのですが、なかなか実現しません。

Hotel Istanbulさて、Blue Asiaは久保田麻琴が主催する、日本人とマレーシア人によるプロデュース・ユニット。この「Hotel Istanbul」はColin Bassさんが変名のSabah Habas Mustaphaとして参加しているので買ったのですが、それを別にしても気に入ったアルバムです。

トルコだけでなく中東をテーマにした曲に、現地のミュージシャンも起用して、民族楽器のウードやカワラ(=笛)も取り入れているのですが、ここで聴かれるのは純粋な中東の音楽ではありません。中東の音楽の魅力的な部分を生かしつつ、様々な音楽の要素がまぶされていて、そのミックス具合が『東西の文化の交わるところ』であるイスタンブールを象徴していると言えるかもしれません。また、都会的でスッキリしたアレンジが、あっさり目というか、涼しげな印象を与えます。中東の音楽へのオマージュ的な作品で、初心者の私には良い入口になりました。…って、べつにその後中東の音楽にのめり込んだという訳ではないのですが(^_^;)。

Arras一方、こちらの「Arras」は、エジプト出身でギリシャで活躍するパーカッショニスト・Mohamed Arafaのソロ・アルバム。だいぶ前にザビエル・レコードのサイトでいろいろ試聴しまくった時にイイ感じだったので、買ってみたものです。

多彩なゲスト・ミュージシャンを迎え、アレンジとオーケストレーションを、アルメニア系ウード奏者のHaig Yazdjianが担当。いろいろな民族楽器を用いた中東の音楽をベースにしていますが、時にジプシー音楽やフラメンコ的な要素も聞かれます。さまざまな表情を見せるMohamed Arafaのパーカッションに加え、プログラミング等で更にビートが効かされていますが、くどくなる寸前で止まっているさじ加減が絶妙です。

ザビエル・レコードの解説には「エスニック・ジャズロックファンの方へオススメ!」と書いてあるけど、『ジャズ』度は低いんじゃないかなぁ。「哀愁のタンゴか?」と思うとアラブなダンスの世界に連れて行かれてしまう2曲目、フラメンコ的エッセンスがあってキャッチーな3曲目、zournasというアルメニアの管楽器によるチャルメラ系の音色が耳に残る7曲目等、かなり癖になります。圧巻のパーカッション・ソロをはじめとした演奏だけでなく、洗練されたアレンジが光る好盤です。

  1. 2006/07/31(月) 06:14:20|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 | HOME |  NEXT »

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。