TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Seven Deadly Pieces、いよいよ今秋リリース!

以前にもちょっと触れたことがあるのですが、スウェーデンのキーボード奏者・Lalle Larssonが長年温めてきたプロジェクトが、室内楽団とDarkaneのメンバーとのコラボレーション・"Seven Deadly Pieces"です。2002年に1回だけ行なわれたステージの模様をDVDとしてリリースする計画でしたが、いよいよリリースに向けて作業も最終段階に入ったようです。Lalle君のMyspaceに"newsletter加入申し込み"のお知らせがあったので、そのメールに一緒に「どうなってますか~?」と書いてみたら、御本人から返信があったので、そこからインフォを抜粋してみましょう。

現在、できあがってきたDVDのマスターのチェック中だそうですが、Seven Deadly Piecesのコンサートの模様は、約50分。これにLalleの参加したOminoxの1993年と1994年のライヴの模様をホームビデオで撮影したもの(40分ほど)と、インタビュー映像がボーナス・マテリアルとして含まれるそうです。

28ページのブックレット付きのデジパックになるというこのDVD、9月にはpre-order開始の予定。そしてpre-order組には、オマケCDまで付くようです! 御本人もとても嬉しそうな文面だったけど、私もすごく楽しみなのだ~~~。という訳で、トレーラー映像をはりつけてしまおう♪




参加ミュージシャン一覧ほかは、Lalle君のサイトのこのページをご参照ください。


Lalle Larsson Official HP: http://www.lallelarsson.com

スポンサーサイト
  1. 2008/08/07(木) 08:06:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フォーキーな2作

ここのところ濃いライヴ・レポばっかり書いていたし、この後またライヴ・レポが続く予定なので、ちょっと気分転換に、ひょんなことから入手したフォーキーな作品を2つご紹介。

Twisted Cityまずは、Chris Singletonの"Twisted City"。2006年にリリースされたこの作品は、殆どの楽器をChris一人で演奏したもの。アルバム全体の背景としてロンドンで地下鉄に乗っている情景を設定し、各曲が地下鉄の駅をモチーフにしていて、ちょっとした短編小説集のような形になっています。好きだというビートルズ、グラム・ロック、Kinksの影響がそこここに見られる曲調に、人間関係とか、将来への希望や控えめな不安といった感情が投影された歌詞。等身大の姿を映し出した、ある意味青春しているアルバムとも言えましょう。このアルバム、普通に売っていますが、本人のサイトからフリーでダウンロードできるようにもなっています。

Chris Singleton HP: http://www.singletonmusic.com/


Almost Charlieもう1枚は、Almost Charlieの"Loving Counterclockwise"です。このバンドの中心は、ベルリン在住のミュージシャン・Dirk Homuthと、作詞を担当するCharlie Mason。このアルバムを制作した時は、Dirkとゲスト・ミュージシャンという形だったようですが、現在は3人組のバンドとなっています。なお、Charlieは本業がアメリカ東海岸在住の雑誌編集者ということで、もちろんバンド本体には参加していませんし、どうやらDirkとCharlieは実際に会ったことは未だ無いようです(バンドの名前"Almost Charlie"が、彼のことを指しています)。かなり前にColin Bassさんのラジオ番組"Sabah am Sonntag"で彼らの'When All the Lights on Bengal Street Go Down'が2回ほどかかったのが耳に残り、しばらく前に買ってみました。

わりと優しくひっそりとした感じの曲が多いのですが、バイオリンやチェロ、フルートといったアコースティック楽器の入れ方が絶妙なこともあり、どこか気品や美しさが感じられます。また、端々にビートルズ的なものも見え隠れします。そういえばDirkのヴォーカルも、時々John Lennonっぽく聴こえるような。そんな甘辛で抑えたヴォーカルで歌われる曲の多くは、ちょっと屈折気味のラブソング。日常の小さな光景を切り取り、一歩離れたところから静かに、時に寂しく、時に暖かい目線で見ているように感じられます。前述のChris Singletonの曲が20代の若者の良い意味での青臭さを感じさせるとすれば、この作品はもうちょっと上の年代の成熟した部分と、繊細さの両方を表していると言えるかもしれません。CDを買った原動力(?)は'When All~'だったのですが、その後7曲目の'Roberta'と、それより何より4曲目の'Plural of Yes'の美しさ('Plural of Yes'に関しては、歌詞も)に惹きつけられました。派手さは全くないのだけど、どこかほっこりした感じで耳に残り、ふと手が伸びるCDです。

サウンド・サンプルは彼等のMyspaceの区画からどうぞ。なお、現在彼らはセカンドを製作中のようです。

Almost Charlie HP: http://www.almostcharlie.com/

  1. 2008/07/16(水) 07:19:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

The Pat McManus Band, "In My Onw Time"

Pat Soloかつて弟のJohn (b & vo)、Tommy (ds)とのMama's Boysで活躍したPat McManus。Tommyが亡くなった後、Johnと一緒にCeltusというバンドをやっていましたが、いつの間にかその活動も途絶え、どうしているのだろうとちょっと気になっていました。

さて、2004年9月。MarillionのLondon公演に行った私は、開場待ちの列で、その数ヶ月前のMarillionのBelfast公演で終演後にちょっと話したD君&Fさんと偶然再会。これも妙な縁だねぇと、北アイルランド某所在住の彼らとメルアドや携帯の番号を交換し、たまに連絡し合うようになったのです。はて、Mama's Boysの話のはずが何故Marillion?と思うでしょうが…。このへん、とにかく世間は妙~~に狭い(^_^;)。彼らはMama's Boysとは同郷で、特にD君はその時既に25年来のファン(!)で、McManus3兄弟とは知り合いだったのです。何でD君達とMama's Boysの話になったのか覚えていないのですが、長年のThin Lizzyファンの私は、ライヴやメーリング・リストでアイルランド人(特に男性)に出会うとLizzyの話を振りがちなので、その流れだったのかな。ちなみにD君&Fさんとは、その後2回Marillion関係のライヴで偶然再会。なんかそういう運命(?)らしいです(笑)。

閑話休題。その後ちょっとして、Fさんからメールをもらい、Pat McManusは子供を自分の育った北アイルランドで育てたいと数年前に帰郷したこと、Johnはロンドンに残って音楽活動を続けていること、その為Celtusは空中分解してしまったことを知らされました。Patは地元に戻ってから、Pat McManus and the Painkillersというバンドと、Indianというバンドに在籍。「Indianはあまりライヴはしないからまだ1回しか観ていないけど、The Painkillersの方は2、3週に1回ぐらいのペースでライヴを観に行っている」というD君達の話によると、The Painkillersは『プロフェッショナルのバンドというより、基本的にパブ&クラブ・バンド』で、大体2時間のショウでMama’s Boysの曲を6曲、Celtusの曲を2曲、後はRory Gallagher、ZZ Top、 Lynyrd Skynyrdといったクラシック・ロックのバンドの曲のカヴァーを演奏しているということでした。

そして時は流れ、先日ふと思い立って検索してみたところ、PatのHPもあるし、Myspaceもあるではないですか! おまけにソロCDが出るという。8月3日(金)の地元でのギグがリリース・パーティになり、月の半ばからはサイトから買えるようにするということでしたが、週明けには既にオーダー可になっており(仕事早い!)、私も早速入手しました。

えー、前振りが長かったですね(^_^;)。そんな訳で、アーティスト名はバンド名義になっていますが、Pat McManus初のソロ・アルバムが、この"In My Own Time"。Patを支えるバンド・メンバーは、Paul McCann (b)とSean O'Reilly (ds)。Patはギター、バイオリンの他にヴォーカルも担当していて、ちょっと嗄れた癖のある声ですが、それが曲に合っている感じ。基本的にはブルーズ・アルバムなのですが、私には1枚で3枚分ぐらい楽しめる内容でした。

まずは4曲目の'Same Old Story'で、ついついニヤ~。だって、'Still in Love with You'ですか?これ(笑)。PatのプレイはGary MooreとBrian Robertsonの中間のような感じで、Thin Lizzyファンには堪らないです。8曲目の'Fool'もそこはかとなくThin Lizzyっぽいブルージーな曲で、ここではPatのギター・ソロをたっぷりと堪能できます。さらに11曲目の'E-Mail Blues'は、リズムとかは違うのだけど、中盤までLizzyの'Baby Drives Me Crazy'に激似!(ニヤニヤ)。いや~、やっぱり聴いて育って身体に染み付いているんでしょうかね~。

この他、5曲目の'Return of the G Man'は、Whitesnakeが半分Deep Purpleだった頃のDavid Coverdaleが作りそうな渋い曲。また最後の'Just for Shannon'はPatのギターが美しい曲で、味わい深いです(ちなみにShannonはお嬢さんの名前ですね)。一方、軽快な3曲目はPatのバイオリンをたっぷりとフィーチュアして、アイリッシュ・トラッドというか、カントリー・ウェスタン的。ちょっとロカビリー的な10曲目ともども、こういうのを目の前で演奏されたら、楽しいだろうなぁ。

時間的にも45分弱と程よい感じで、それより何より各曲が意外とバラエティに富み、かつ耳に残るスルメ型の作品だと言えましょう。なんとなーく、John Sykesがやりたくて出来なかったタイプの作品かなー、なんていう気もしてしまいます。あ、Sykesyの意向とか希望なんて知りませんから、想像というか、妄想ですけど(^_^;)。ともあれ、Thin LizzyやGary Moore、ブルージーなブリティッシュ・ロックが好きな人には、是非聴いて欲しいアルバムです。

The Pat McManus Band "In My Own Time" (PMMCD001, 2007)
お買い物はPatのHPの"Shop"からどうぞ。決済はPaypalです。

Pat McManus HP: http://www.patmcmanus.co.uk/

Pat's Myspace: http://www.myspace.com/patmcmanus

(どちらのページも音が出るので注意!)

ちなみにロンドンに残ったJohnは、当初はTVや映画用の音楽の製作をしていたようですが、現在はFastwayのメンバーになっています。

  1. 2007/08/26(日) 07:03:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

 | HOME |  NEXT »

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。