TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Mellotronen 20周年記念フェスティバル

スウェーデンのストックホルムの旧市街・ガムラスタンに、Mellotronenというレーベル兼CD屋さんがあります。LandberkのStefan Dimle (b)が経営していて、AnekdotenのPeter Nordins (ds)もここのスタッフ。私も2002年にストックホルムに行った時にお店に行き、当時は経営者が誰かとか知りませんでしたが、The Flower KingsのTomas Bodin先生のファースト・ソロのFoxtrot盤、TFKの"Scanning the Greenhouse"のブラジル盤、当時在庫のある店が少なかったIsildurs Baneの"Mind Vol. 2"等というマニアな充実したお買い物をしたものでした。

そのMellotronen、しばらく前にウェブショップができており、先日お買い物してみました。まず注文を送ると、確認の上、合計金額と送金のインストラクションが書かれたメールが届き、その通りにPaypalで送金します。その後、「オーダーしたCDの1枚がバックオーダーになった為時間がかかっているが、もうすぐ入荷するので、そうしたら発送する」というメールが届きました。
待つことしばし。ある日、お店から「ホリデーと重なって混乱しちゃったんだけど、もしかしてまだ発送してないかも。届いてないなら、オマケ付きで送るよー」というメールが(爆)。を~~~い(^_^;)。しかしまあ、こう率直に状況を告白されちゃうと、全然ムカつかないものですねえ(笑)。

そんなやり取りから1週間もしないうちに無事荷物が届きましたが、同封されていたオマケがこれ。来年1月27日にMellotronenの20周年記念フェスティバルが企画されており、そのTシャツでした(ちなみにサイズはM。素晴らしい!)。

Tシャツ

フェスの名前はSilja Festivalで、その名が表す通り、会場はSilja Lineのフェリー。ストックホルムからフィンランドのTurkuまでを貸し切りにして、いろんなバンドが出演するようです。おお、なんか楽しそうだぞ。

Tシャツ(裏面)

Tシャツのバックプリントは出演者やスポンサーのロゴ。出演バンドは知らない人達ばっかりなのですが、中でひときわ目を引いたのがMorte Macabre。えっ、ライヴなんか演っちゃうんだ?!

Morte MacabreMorte MacabreはLandberkのStefanとReine Fiske (g)、AnekdotenのPeterとNicklas Berg (g)の4人によるグループで、このアルバム"Symphonic Holocaust"は、ホラー映画のサウンドトラックのカヴァーと、オリジナル曲を収めたインスト作品。ヴァイオリン、テルミン、ムーグ等も使われていますが、何より4人全員がメロトロンを弾いているという、こだわりの作品です。

1曲目の'Apoteosi del Mistero'はゾンビ映画のサントラらしいのですが、LandberkとAnekdotenの持ち味をうまく合わせたような、仄暗い叙情性と重厚さのバランスが秀逸な暗黒シンフォになっています。これはAnekdotenに対してよく使われる形容だと思いますが、メロトロンと歪んだベースに絡むギターが、"Red"の頃のKing Crimsonを思い起こさせます。一方、私はホラー映画は一切パスなので元の曲がわからないのですが、「Cannibal Holocaust」という作品からだという6曲目なんかは、なんかホノボノした雰囲気。他に、「ローズマリーの赤ちゃん」(これぐらいは邦題がわかるぞ)からの曲や、Goblinのカヴァーもあります。そして最後は、18分近くに及ぶオリジナル曲'Symphonic Holocaust'がしめくくりますが、この曲では不安やじわじわと広がる恐怖を表すかのようなヴァイオリンとメロトロン、暴れ回るベース、時に叙情的、時にサイケなギター等の各楽器のアンサンブルが圧巻です。

…それにしても、真冬の北欧の夜に、ホラーな暗黒シンフォ……。そしてAnekdotenはバスにメロトロン積んで平然と欧州をツアーしていた前科(?)があるし、全員同時に弾くという事は無いと思うけど、フェリーにメロトロンは何台載せちゃうのでしょうか?

Morte Macabre, "Symphonic Holocaust" (Mellotronen, MELLOCD 008, 1998)

スポンサーサイト
  1. 2006/07/04(火) 21:06:52|
  2. ぷろぐれ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<Little Tragedies "New Faust" | ホーム | 最近のいただきもの・2>>

コメント

お久しぶりです!
TB、コメントどうもありがとう!

やよいさんは、フェスに行かれたのですか?
  1. 2007/04/30(月) 18:49:34 |
  2. URL |
  3. Tommy #-
  4. [ 編集]

フェスは行ってませんよ~~。
でも、お金があったら行きたかったかも。
日本からこのフェスに行った人がいるらしいという話を,友人経由で聞いておりますが。
  1. 2007/04/30(月) 19:03:50 |
  2. URL |
  3. やよい #a2H6GHBU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoi20000.blog4.fc2.com/tb.php/192-56b3f17f

メロトロン地獄!

 1. Apoteosi del Mistero  2. Threats of Stark Reality  3. Sequenza Ritmica E Tema  4. Lullaby  5. Quiet Drops  6. Opening Theme  7. Photosession  8. Symphonic Holocaust
  1. 2007/04/30(月) 18:35:10 |
  2. 変態のつぶやき?

 | HOME | 

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。