TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Credo @ Southend-on-Sea, 7 Nov. 2008

11月7日にRitualがSouthend-on-Seaでライヴをしたので、現地のヲタ友達のM氏&I氏と一緒に行ってきました。会場のRiga Music Barは、2006年9月にThe Tangentのライヴを観た所(Classic Rock Societyのサイトとかでは地名がWestcliffe on Seaになっているけど、同じ場所です)。まずはサポート(のはず)のCredoの登場です。

キャリアは長いものの、セカンドの「Rhetoric」をリリースするまでに10年以上かかってしまったという彼ら(その理由の一つは、ヴォーカルのMark Coltonが大病をしたことらしいが)。私には、ちょうど2年ぐらい前にMagentaのサポートをしたところを観て知ったバンド。その時は『ポンプ系の音だなー』とか、『ヴォーカルのタンバリンの叩き方が、Peter Nicholls系だな~』というものでした。ろくでもない感想でごめんよ。

Credo


会場の紹介アナウンスの後、1曲目はセカンド「Rhetoric」から'The Game'。そしてイントロのキーボードに、「Marillion!」とウケてしまっている友人達 (^_^;)。そういえばCredoはかつてMark Coltonが『Fishの真似をしている』と批判(非難?)されていたらしいのだけど、それはキーボードの音色とかのせいでもあるのではないかなあ?


続いては、ファーストの「Field of Vision」の曲をメドレーで。うう~ん、これはもう弁解の余地無く、激しく「Script for a Jester's Tears」の頃のMarillionっぽい (^_^;)。ヴォーカルが『歌う』というより『語り』っぽい部分が多いのも、Fishっぽさを感じさせてしまいます。

Credo


3曲目は、新曲の'Round and Round'。「新譜に入るよ!」とのことでしたが、年内リリースの予定らしいポーランドでのライヴのDVDに収録されているようです。Markいわく「(ドラッグとかの)中毒で人生を転がり落ちていってしまった人についての曲」だそうですが、メンバーのコーラスが印象的で、曲調も他の曲とはけっこう違った感じで、なかなか良い感じでした。

次に演奏されたのは、'Too Late ... to Say Goodbye'。イギリスでは第一次世界大戦の終戦の日である11月11日にちなみ、毎年その日に一番近い週末を『Rememberance Weekend』と呼んで、第一次世界大戦以降の戦没者を追悼します。今年はこの週末がそれに当たったので、バンドはこの曲を演奏するのに多少感慨深いものがあったようです。…が、これも激しくMarillionっぽい (^_^;)。トリのRitualが、それが聴き手の好みに合うかどうかは別にして、『自分たちの音』を非常にしっかり持っているバンドなだけに、Credoの個性の乏しさは残念に思われます。あと、戦争や戦没者をモチーフにした曲といえばIQの'The Seventh House'がありますが、Credoの'Too Late ... to Say Goodbye'には、そこまでのインパクトは感じられませんでした。まあ、それだけIQの曲がよくできているっていうことでもあるのですけどね。

Credo


既に50分以上経過したし、MCとかの雰囲気でこれで終わりかと思ったら、もう1曲あったよ。しかも長い (^_^;)。とはいえ、後半のインスト部分は疾走感溢れてなかなか良かったです。

読み返すとなんかネガティヴな内容の記事になってしまったなぁ~~。ううむ…。私は先行バンドからの影響は否定しないし、『○○っぽいバンド』の『○○』が自分の好きなバンドだったりすると、けっこう喜んで聴いちゃうタイプではあるのですが、それでもバンドには『自分達の音』を持ってほしいなぁと思います。たしかに現在のCredoは、『Fish期Marillion』が大好きで、そういう音のバンドを好意的に聴く人達には文句無くアピールすると思います(特に本家Marillionが、とっくの昔にかなり違うタイプへと変貌しているし)。でも、せっかく演奏力は安定しているし、ギター・ソロなんかはMarillionやポンプ系のバンドの多くとはちょっと違う感じもするのだから、そういった自分たちの個性を、もっと確立してほしいなぁと思ってしまうのですよね。

Credo


Riga Music Bar, Southend-on-Sea, UK, 7 November 2008
1. The Game 2. Field of Vision Medley (Power to the Nth Degree / Phantom / Rules of Engagement / Good Boy) 3. Round and Round 4. Too Late ... to Say Goodbye 5. From the Cradle ... to the Grave


Credo Official HP: http://www.credo.gb.com/

スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 07:16:00|
  2. ヲツヴァカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Ritual @ Southend-on-Sea, 7 Nov. 1008 | ホーム | The Tangent @ Summer's End Festival, 28 Sep. 2008 #3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoi20000.blog4.fc2.com/tb.php/332-a4416df1

 | HOME | 

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。