TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Ritual @ Southend-on-Sea, 7 Nov. 1008

Credoの演奏終了後、サッサとステージのセット替えをし、Ritualのメンバーが登場です。5月に観て以来なので皆そんなに変わっていないかと思ったら、Jon Gamble (key)はイイ感じに日焼けしていました。リラックスした笑顔に、なんかこっちもニコニコしてしまうよ (^_^)。

Ritual


Patrik Lundström (vo & g)が観客にカウントをとるよう指示し、オープニングはいつものように'The Hemulic Voluntary Band'です。やっぱりこの曲は楽しいなぁ~。

Ritual


'The Hemulic Voluntary Band'からほぼなだれ込み状態で、2曲目は'In the Wild'。彼らの『一般的なロック』っぽい曲の一つですが、後半からフィーチュアされるPatrikのギターは、スリリングな速弾きやアヴァンギャルドっぽい部分の両面をたっぷり見せていて、聴くといつも「この人、ギタリストとしてももっと評価されるべきだなぁ」と思います。いや、それ以上に、本人自身もっと評価されるべきだよね。プログレのミュージシャンの中には『存在感』等のカリスマ性を感じさせる人は何人もいるけれど、いわゆる『ロックスター』の華やかさやスター性を感じさせる人は、とても少ないのです。その数少ない『ロックスターのオーラ』を持っている希少な人達が、このPatrikとか、The Flower KingsのHasse Fröbergなのですよね(と、ライヴ後に一緒に行ったM氏と、しみじみと意見が合っちゃったのだ)。

Jon & Patrik


3曲目はガラッと雰囲気を変え、'Moomin Took My Head'。レパートリーにムーミンの物語をモチーフにした曲が多い彼らが、ムーミンの作者のトーベ・ヤンソン女史の死を悼んで作った、愛らしい曲です。春のツアーでは演らなかった曲なので、嬉しいなあ。最後の方のコーラスは、Patrikの指示で観客も参加。

嬉しいといえば、続いて'Infinite Justice'を演ってくれたこと。この曲は私は大好きな曲なのだけど、ライヴの『定番曲』ではないので、嬉しかったですねぇ。もっと頻繁にやってくれないかな…と思うのだけど、他の曲に比べてライヴでの『化け度』は低目なので、しょうがないかなぁ。

Jon & Patrik


'Infinite Justice'のエンディングからJohan Nordgrenがシンバルで繋いでいって、'Wingspread'へ。ダイナミックでかっこいい! さらになだれ込みで、これまた春のツアーでは演らなかった'6/8'。'Wingspread'とはリズムやグルーヴが激しく違う曲なので、若干強引な繋ぎか? (^_^;) とはいえ、Ritualがうまいというか、そこが強みだなーと思うのは、ミスがあったり、強引な繋ぎがあっても、バンドにそんな印象を振り切って突き進んでしまえる、勢いみたいなものがあることでしょう。最後は定番中の定番、'Typhoons Decide'で、メドレーが終了。'Typhoons Decide'の最後には、インプロっぽいリズム・セクションのかけ合いの上にPatrikがちょっと幻想的にヴォーカルを乗せたり、ギターを乗せるという、ちょっと違ったアレンジになっていました。また、Fredrik Lindqvistのベースが渋くて良かったなぁ。

Ritual


Patrikが観客に「今、何時?」と聞きます。どうやら会場には、使用時間制限があった模様。開演が遅くなったこともあり、Ritualはセットリストを短縮せざるをえないことになったようです (T_T)。Jonがちょっとドリーミーにキーボードを弾いたり、Patrikがメンバー紹介をしている間に、Fredrikはブズーキ、Johanはニッケルハルパに持ち替えます。Patrikの曲の説明MCに続いて始まったのは、もちろん'A Dangerous Journey'!! 私が今年どうしてももう1回Ritualのライヴを観たかったのは、この曲の為なのだ~~!

A Dangerous Journey


アコースティック楽器とエレクトリック楽器をほどよく併用し、哀愁を漂わせつつも、つい口ずさんでしまうメロディのこの曲は、彼らの魅力と新たな一面を、見事に一体化させた曲だと思うのです。かつてインタビューでThe Flower Kingsのメンバーが、「長い曲を作るのはそんなに難しくない。難しいのは、良いメロディの短い曲を作ることなんだ」と言っているのを読んだことがありますが、いろいろなバンドの『長い曲』の中には「頭で作ったでしょ?」と聞きたくなるような、考え過ぎ、作り込み過ぎで、感情移入しにくい作品も多々みられます(註:これは私見ですよ。同じ曲でも、嗜好によってはアピールするでしょう。あくまで私にとって、ということで)。でも、Ritualのこの'A Dangerous Journey'は、初めてCDで聴いた時から、曲の自然な流れや起伏で、ある意味あっという間に30分聴かせられてしまうのです。だから、ライヴで何度も体験してみたい。大好きな芝居の特定の演目を、つい繰り返して観に行ってしまう心境に近いでしょうか。

Jon@ピアニカ


この曲は何度聴いても全然飽きないどころか、ますますハマってしまう曲なのだけど、バンドの方も、微妙にアレンジを変えてくるというニクいことをしてくれる。という訳で、Jonが春のツアーでは使っていなかったピアニカ(今は鍵盤ハーモニカっていうの?)を使っていました。


'A Dangerous Journey'が終わるとともに、この日のRitualのライヴも終了です。もっと長いショウだったらよかったけど、特に聴きたい曲は網羅されていた気がするし、ショウ自体はとても楽しかったので、とりあえず満足。彼らのライヴは元々けっこう楽しかったけれど、「The Hemulic Voluntary Band」で音楽的に一段階成熟し、さらに楽しめるものになったように思います。あまりライヴ本数の多いバンドではないけれど、また近い将来観られるといいなぁ。

Jon & Patrik


Riga Music Bar, Southend-on-Sea, UK, 7 November 2008
1. The Hemulic Voluntary Band 2. In the Wild 3. Moomin Took My Head 4. Infinite Justice 5. Wingspread / 6/8 / Typhoons Decide 6. A Dangerous Journey


Ritual Official HP: http://www.ritual.se

スポンサーサイト
  1. 2008/12/04(木) 21:42:34|
  2. ヲツヴァカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Strawberry Fields | ホーム | Credo @ Southend-on-Sea, 7 Nov. 2008>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoi20000.blog4.fc2.com/tb.php/333-9927c48d

 | HOME | 

02 | 2017/03 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。