FC2ブログ

TOO MUCH LUGGAGE

好きな音楽やヲツヴァカ話、欧州で見かけた妙なものについて呟きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

つい買ってしまった1枚

Recovered一つ前の記事でLalle Larssonについて書きましたが、彼のサイトをウロウロしていて見つけてしまい、好奇心に負けてつい買ってしまったのがこのアルバム(^_^;)。

Owe Thörnqvistはスウェーデンで1950年代の初頭から活動している、『誰でも知っている』超有名シンガーだそう。イギリスでのCliff Richardとか、日本だと演歌の大御所みたいな感じなのかなあ。

この「Recovered」というアルバムは2005年にリリースになっていますが、クレジットを見る限りではセルフ・カヴァー集のようです。中には1981年発表の曲も混ざっていますが、大半は'50年代の曲で、歌詞は全てスウェーデン語。曲の方はLalle君のサイトのこの項には「ストレートなブルーズ・ロック」と書いてあるのですが、う~~む、それはあまりに簡潔な表現なのでは(^_^;)? 曲が書かれた時代の幅が広いこともあり、ロカビリーっぽかったり、ロックンロール的な部分もあるし、何だかおどけたような雰囲気のものもあります。全体的にはアップテンポ。アレンジなんかは、当時とはそれなりに違うのでしょうね。

さて、Lalle君が全曲でエレピとハモンドを弾いているからとはいえ、さすがの私もそれだけで謎のスウェーデン・シンガーのCDを買ってしまうほどのアホーではありませぬ。さらに強力な押しが!

実はこのアルバム全曲に登場しているリズム隊が、説明はいらないであろうAnders Johansson (ds) と、元Silver MountainのPer Stadin (b)。そして5曲にXSavior(というか、元Snake Charmerの方がわかり易い?)のBenny Jansson (g) という、『北欧メタル』を多少なりとも通過した人にはオイシイ人達が参加しているのです。

日頃彼等のやっている音楽とは全然違うし、彼等にとっては「楽しくお仕事」なセッションだったのかな~。私の聴いている物とも畑違いの作品なのですが、な~んか癖になるのですよね~。変に楽しいぞ。現在活躍中のスウェーデンのミュージシャン達も、子供時代にこういうのをラジオとかから耳にしたのかな~なんて想像もしてみたりします。そして、このCDを聴くとナゼかSamla Mammas Mannaを聴きたくなってしまう私なのでした。

Owe Thörnqvist, "Recovered"(TORNEC 7320470060247, 2005)

万が一、そんなもん、欲しいけどどこで買えるんだ?という北欧メタル・ヲタの方がいらっしゃった場合の為に…: 私はイェーテボリにあるSkivhugget.comという店から買いました。

  1. 2006/07/24(月) 07:05:57|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Orkestra del Sol "Carnival by Stealth"

去年の秋頃だったと思うのですが、職場からお昼のサンドイッチを買いに出た時のことです。普段決まった店数軒を巡回しているような感じになっていたので、ちょっとだけ足を伸ばして普段行かない方向に出てみたところ、車両乗り入れ禁止の広めの通りで、賑やかにバスキング(=路上演奏)している人達がいるようでした。バスカー(=路上演奏者)自体は珍しくないし、最初はその通りには行かないつもりだったのですが、おや? この曲は……。なんとKylie Minogueの'Can't Get You Out of My Head'じゃないですか。しかも複数のブラスで(笑)。ややや、なんか面白いぞ。という訳で、演奏している脇を、ゆ~っくり通過してみることに。

Orkestra Del SolKylieの曲を聴きながら立ち去るつもりだったのですが、次の曲のイントロにあれっ?と思い、そのまま足が止まってしまいました。だって、これって渋さ知らズの曲…。タイミングよくこの曲でバスキングが終了したので、片付け始めた所へ突撃。「すいませーん、渋さ知らズの曲は、どうして演ろうと思ったんですか~?」と話しかけるアヤシイ東洋人(^_^;)。「ああ~、あれはバスーン担当のヤツが言い出した曲で…」と教えてくれたメンバーの方々。結局3人ぐらいとちょっと話して、バンドはOrkestra del Solといい、エジンバラをベースにしていることとか、CDは翌年出したいこととか、もうじき自分たちのサイトもできる等の情報をいただいたのでした。

以来、たま~~にHPが立ち上がっていないか検索してみたりしていたのですが、先月、4月末にCDがリリースになったとの情報が。さっそくサイトにある連絡先にメールして入手したのがこのアルバム"Carnival by Stealth"です。

10曲+映像が1本収録されているこのアルバム、基本的にはバルカン系をベースにした無国籍風のブラスものです。ところどころラテンやカリビアンの雰囲気も感じさせ、私はこのラテン系エッセンスの方がけっこう気に入ってしまいました(6曲目とか)。アルバムには13人がクレジットされており、通常このうちの10人ぐらいでライヴをしているようです。

渋旗さすがにKylieの曲は入れられなかったようですが(笑)、渋さ知らズの曲はちゃんと収録されております。彼らがカヴァーしているのは、「渋旗」に収められている'火男 (Hyottoko)'。ただ、どういう経緯なのかわかりませんが、タイトルが'Marriage Polka'になっているんですけどねぇ。

このバンド、メンバーの大半が管楽器担当でベースの類が無いこともあり、音がどうしてもちょっと軽めに感じられます。また全体的にきれいに録音できていて、彼らも好きらしいFanfare Ciocarliaみたいな猥雑な勢いにも欠けるきらいがあります。'火男(Hyottoko)'は、本家バージョンを先にCDとDVDで知っているので、ちょっとこじんまりしてるなーと思ってしまうのですが、でも渋さの曲を人数を増やしたチンドン屋編成で演るとこうなるのか?という気もします。それより何よりこの手のバンドは家でCDで聴くよりライヴとバスキングが命だから、生の演奏が楽しければいいか。

楽しいっていえば、アートワークが最高! 映像の方はスペインで撮ったPVもどきで、最後に連絡先の電話番号が出ちゃうところが何とも微笑ましいですが(^_^;)、こちらもモンティ・パイソン的雰囲気でもって楽しい。そしてここでも音楽は'Marriage Polka'(='火男(Hyottoko)')が使用されております。

Orkestra del Sol HP: http://www.orkestradelsol.co.uk/index.html

Myspaceにもセクション有り:
http://www.myspace.com/orkestradelsol

  1. 2006/06/11(日) 02:42:53|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Hurdy-Gurdy, "Prototyp"

Prototypしばらく前にナゴヤハローさんのブログで読んで、気になっていたのがこのアルバムで、先日ようやく購入。北欧ラジカル・トラッドの代表格GarmarnaのStefan Brisland-Fernerと、HedningarnaのHållbus Totte Mattssonによる、ハーディーガーディー・デュオです。

ブックレットのStefanのコメントによると、Stefanがハーディーガーディーに興味を持ったのは、雑誌に載ったHedningarnaの写真でTotteのハーディーガーディーを見たのがきっかけだったとか。このアルバムは、そんなStefanとTotteがハーディーガーディーの新しい可能性を模索して試みた様々な実験の成果を集めたものといえましょう。収録曲の半数以上はトラッドをアレンジしたものですが、サンプリングやエフェクトでヘヴィなグルーヴやトランス的な色彩が加えられており、非常に面白い作品になっていると思います。 あと、『高速バカテク系トラッド』が苦手な私にとっては、わりとテンポが遅めで低音のグルーヴが主体なこともポイントが高かったですね。予想以上に面白かったし、今度はHedningarnaを聴いてみようかなーと思いました。

お買い物はこちらから。

Hurdy-Gurdy, "Prototyp" (NorthSide, NSD6084, 2005)

  1. 2006/05/15(月) 08:14:18|
  2. Multikultiな音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

« PREV  | HOME |  NEXT »

07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Search @ Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。